たばこと塩の博物館

たばこと塩の博物館は、今の人には、そのテーマの繋がりや意図が分かり難いと思いますが昔の専売公社の博物館です。私自身はタバコを吸わないので直接の縁は無いと思っていましたが、タバコの歴史や紙巻タバコのパッケージデザインの変遷を見るのはとても面白いです。また、塩についても世界の塩の種類や特徴、日本の塩の歴史などを見るのは興味深いものがあります。昔は渋谷の公園通りにあって渋谷に行ったついでに立ち寄る事ができたのですが、2015年に現在の墨田区横川に移転しました。また、塩やタバコ以外に日本人の暮らしや文化を紹介する企画展もしているので、歴史好きの人には意味のある博物館だと思います。ミュージアムショップも、たばこと塩にちなんだお菓子を売っていて、ちょっとしたお土産になります。
まさひろ (50代男性) 2017/4 掲載


地味だけど興味深い (たばこと塩の博物館)関連ページ

隅田川をめぐる文化と産業 浮世絵と写真でみる江戸・東京(たばこと塩の博物館)
隅田川の写真からその地域のくらしや文化を見たて来ました。徳川家康により隅田川流域の開発が進められたとの事ですが、それによりいろいろな商材が行き来して
女は華やかに装い、男は見えないところにこだわる 「着物と装身具に見る 江戸のいい女・いい男」(たばこと塩の博物館 東京都墨田区)
企画展の見どころは、やはり女性の着物でしょう。謡曲を題材とした柄が多く、金糸や銀糸を用いておめでたさや華やかさを出していました。展示
現代の消費社会の原点を見た 「モボ・モガが見たトーキョー」 たばこと塩の博物館(東京都墨田区)
東京都隅田区のたばこと塩の博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想