八王子市夢美術館

アタゴオル関係の作品から、ますむらひろしの大ファンだったので、今回の北斎展も非常に楽しみにしていました。最近はますむらさんもネット上で色々な告知をしてくれるので、八王子市夢美術館とのコラボが本当に嬉しいのだと伝わって来ていました。作者のファンなので、作者が嬉しい展覧イベントはとてもわくわくしますね。北斎の気迫に満ちた作品に、愛らしいますむら世界の猫たちがうまく融合していて、唯一無二の魅力を放っていたと思います。原画版と比較して鑑賞することが出来るので、一粒で二度おいしい感じでした。年齢層は比較的高めでしたが、たまに学生さんらしい人もいました。館内は静かで、美術館らしい洗練されたおしゃれ感がある設計になっています。
By 町田 (20代男性) 掲載2016/4


-------------------------------------------

ますむらひろし北斎展(八王子市夢美術館)関連ページ

日本画家 加山又造 アトリエの記憶 ―水墨画・素描・版画・装丁画―
観覧客がほとんどいず、常駐の警備員が自分について回るほどでした。客がいないほうが楽しめますが、もっとたくさんの人たちに観てもらってもよい
ますむらひろしの北斎展(八王子市夢美術館)
ますむらひろしの展覧会にいってきました。私は八王子夢美術館までは近いのですが、両親もますむらひろしの大ファンだったので、地元からわざわざ来てもらって
時代とともに変化するこえだちゃん 「こえだちゃんの世界展」 八王子市夢美術館(東京都八王子市)
初期のこえだちゃんは素朴でぽっちゃりした感じでしたが、1980年代後半頃になると髪が黄色からピンクに変わり、時代の変化を感じさせるようなデザインになり