歌舞伎座ギャラリー

シネマ歌舞伎をきっかけに最近、歌舞伎の世界に興味を持っていた私。歌舞伎の聖地である、歌舞伎座に隣接する歌舞伎座タワーの中に、歌舞伎の世界を実体験できる施設があると聞き、同じく歌舞伎に興味を持っている友人と一緒に訪れた。大々的に宣伝してるわけでもなかったので、てっきり空いているであろうと思っていたら、家族連れや外国人の観光客で賑わっていた。このギャラリーのキャッチコピーは「歌舞伎にタッチ!」。その名の通り、歌舞伎の小道具や舞台上の仕掛けなど、あらゆうものが視覚だけでなく、触覚や聴覚で楽しむことができる。例えば動物のコーナーでは馬の大道具にまたがることができる。どっしりと重みがあって気分は戦国武将だが、これに人が入って、鎧を着た男性を運ぶと考えると、後見の方々の苦労が偲ばれる。映像鑑賞では宙乗りの裏側について観ることができ、いかに歌舞伎という舞台が多くの人に支えられているかを知ることができた。
ゆり (10代女性) 2016/9掲載