三鷹市美術ギャラリー

三鷹市美術ギャラリーは自宅から比較的近く、料金が600円と安いため、気に入った美術展があるときには時々見に行っています。ギャラリーは三鷹駅からあるいてすぐの商業ビルのなかにありますが、とても落ち着いた雰囲気で、またあまり混んでいるときはありませんので、ゆったりとした気持ちで絵をみることができます。「米谷清和展」はポスターを見て、どこにでもある多くの人が行きかう街の風景に親近感が感じられたため、ぜひ見てみたいと思って、平日に一人で行きました。大きな作品が多かったのですが、どの作品にもどこかで見たことがある風景が書かれていて感情移入がしやすく、どこか物語性も感じられて、自分でこの場面はどういう一場面を切り取って描いたものか、この後どうなるのか、などと想像しながら見ることができて楽しかったです。見終わった後は、作品や作者紹介のビデオをみて、さらに理解を深めることができました。
By サボテンの花 (50代女性) 2016/4掲載


米谷清和展〜渋谷、新宿、三鷹〜 (三鷹市美術ギャラリー)関連ページ

マンガ家から絵本作家へ、連続したキャリアを見る 「川崎のぼる 〜汗と涙と笑いと〜展」三鷹市美術ギャラリー
展示作品全体から、川崎のぼるのキャリアの連続性や一貫性が見えるような気がします。マンガ家から突然絵本作家に転身した、といった断続的なものではありません。むしろマンガ家として活躍した延長線上に、絵本作家としての川崎のぼるがある
どこか懐かしい気分になれる「色あせない風景 滝平二郎の世界展」(三鷹市美術ギャラリー)
小学生の頃に読んだ『モチモチの木』に載っていた挿絵を思い出します。素朴で温かみのある展示作品を見ていると、「日本にはこんな風景があったなあ」と、