中野区立歴史民俗資料館・展覧会・イベント

明治から平成に至るまでの中野駅の写真をはじめ、旧国鉄の制服・制帽、駅名標、古い路線図、駅弁掛紙など、中野駅および中央線にまつわる資料がたくさん揃った企画でした。鉄道マニアはもちろんのこと、そうでない人も十分楽しめる内容だったと思います。
個人的に面白かったのは、中野駅の写真と鉄道関連の資料です。写真は時系列に展示されていて、駅周辺の変化や発展の様子がよくわかります。明治時代の中野駅はホームと線路があるだけで、現在とは全くといってよいほど様子が違います。昭和30年代頃になってようやく、現在の中野駅に近い感じになりました。130年の間に、実に大きく様変わりしたものです。
鉄道関連の資料は、見ているだけで懐かしい気分になりました。琺瑯製の駅名標や列車行先標(通称サボ)、駅弁と一緒に売られていたお茶のポリエステル製の容器などは、子供の頃にはよく見かけたものです。いつの間にか駅名標はプラスチック製になり、列車の行き先表示は電光掲示になり、お茶はペットボトル入りになりました。時代の流れを実感します。
解説も充実していて、現在の中央線は当初の計画より北側を走っていること、明治時代の鉄道の利用状況、1929年に駅を100メートルほど東に移して現在の位置になったことなど、興味深いエピソードが満載でした。
Lisa Aoki 2019


中野駅周辺の変化がよくわかる「JR中野駅開業130周年記念特別展 中野駅と街の移り変わり」関連ページ

中野区立歴史民俗資料館の交通アクセス
東京の中野区立歴史民俗資料館の交通アクセス
特別展運ぶHAKOBU
東京の中野区立歴史民俗資料館の特別展運ぶHAKOBU
お正月展
東京の中野区立歴史民俗資料館のお正月展
文化財防火デー展
東京の中野区立歴史民俗資料館の文化財防火デー展
企画展おひなさま展
東京の中野区立歴史民俗資料館の企画展おひなさま展