太田記念美術館・展覧会・イベント

新年最初の展示で、楽しく笑うことで新しい年を始めようと企画されたようです。「歌川広景」はあまり有名な絵師ではありませんが、「江戸名所道戯尽」全50点が展示され、なかなか見ごたえがありました。どの作品も笑える要素を濃く出して、新年の初笑いとして、なかなかの企画でした。「広景」ってどのような絵師か?との、解説もわかりやすく、今まで埋もれていた「広景」を、掘り起こしたすぐれた企画だと思います。そんなに上手な絵師とは言えないような気がしますが、江戸庶民の笑いのツボを押さえた楽しい版画を作成した功績は大きいと思います。以前の有名な版画の本歌取りのような形で、面白さを盛り上げる作風は、それなりに評価に値すると思います。
マイママ (60代女性) 2017/1掲載


「お笑い江戸名所〜歌川広景の全貌」 (太田記念美術館)関連ページ

特別展笑う浮世絵-劇画と国芳一門
東京の太田記念美術館。特別展笑う浮世絵-劇画と国芳一門
「国芳ヒーローズ 水滸伝豪傑勢ぞろい」血湧き肉躍る水滸伝の世界 (太田記念美術館)
水滸伝の主人公たちをそれぞれに描き分け、特徴を持たせ、すべての人物が「かっこいい!」です。当時の娘たちが、「ねぇ、誰が一番の好み?」とささやきあい、
国芳ヒーローズ 〜水滸伝豪傑勢揃 (太田記念美術館)
原宿駅のそばですが、あまり知られていないからか、あまり混んでいません。外国人の来館者がとても多いです。毎月いろいろな特集を組んでの展示なので、年間パスポートを購入して、
富士山の浮世絵
「富士山の浮世絵」原宿の太田記念美術館。展覧会、企画展などの情報と記録
料理にまつわる浮世絵展「江戸っ子味めぐり」太田記念美術館
浮世絵を専門としたとても珍しい美術館であることです。「江戸っ子味めぐり」展は、 原宿の太田記念美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と管理人の個人的な感想
吉原格子先之図
原宿の太田記念美術館の展覧会、吉原格子先之図
太田記念美術館 浮世絵専門美術館での体験、意見、感想 20代 女性
原宿の太田記念美術館 浮世絵専門美術館での体験、意見、感想 20代 女性
浮世絵を近くで見る「生誕290周年記念 勝川春章―北斎誕生の系譜」太田記念美術館
近くで見ることによって、人物の表情や着物の柄など細かいところがよくわかり、浮世絵の精巧さを大いに堪能できたような気がします。同時に、
歌川広重 〜東海道五十三次と冨士三十六景 (太田記念美術館)
有名な浮世絵作品を大量に展示してあります。なのでいつ行ってもすばらしい作品を見ることができます。「歌川広重 〜東海道五十三次と冨士三十六景」は、