パナソニック汐留ミュージアム・展覧会・イベント

単純にマティスが好きなので、気になっていた展覧会に行ってきました。汐留のビル街にこんなスペースがあるとは知りませんでしたが、こじんまりとしていてまぁまぁ見やすい施設でした。マティスとルオーが学友で、膨大な手紙を交わしていたということも、今回初めて知りました。私は、美術展に画家の手紙や日記が併せて展示してあって、画家の人間的な面や作品についての想いを垣間見るのが好きなので、ルオーについては無知ながら楽しめました。2人の画風は全く異なるのですが、お互いを尊敬しあい、思うやっていたことを手紙が伝えてくれることで、時代時代を反映した作品たちの社会性を補完できる展示でした。芸術は世界に繋がっているけれど、芸術家はとても人間的のだと、思い出させてくれました。それにしても、芸術家たちがやりとりした自筆の手紙を目の当たりにすると、今はメールがあって便利だけど、「自筆」などという形で後世に残ることはないのだなーなどと考えてしまいました。
sscafe (40代女性) 2017/3掲載


単純にマティスが好きなので、 マティスとルオー展(パナソニック汐留ミュージアム)関連ページ

作られた時代が服に現れる 「モードとインテリアの20世紀展」パナソニック汐留ミュージアム
タイトルには「モードとインテリア」とありますが、ファッション、衣服、服飾が主体という印象を受けました。20世紀初頭から1960年代までの
解説を読んで誤解が解けた「イングリッシュ・ガーデン」パナソニック汐留ミュージアム
キュー王立植物園にある植物の絵を集めた展覧会です。作品は古いものから新しいものへ時系列に展示されていて、芸術作品としての絵画とは一味もふた味も違った趣があり
不勉強を痛感「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展」パナソニック汐留ミュージアム
作品そのものは、印象派ともフォーヴィズムとも異なる、落ち着いた趣がありました。解説が読みにくかったにもかかわらず、安心して見ていられる作品ばかりで
視覚に訴えた展示方法 「ルオーとフォーヴの陶磁器」パナソニック汐留ミュージアム
ブランド物の陶磁器よりも自由に絵付けをしてあって、そのために作品全体も自由な感じがします。同時に、作品によってはデザインが日本の陶磁器に近い感じのものもあり 新橋汐留のパナソニック汐留ミュージアムの展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と管理人の個人的な感想
メイドインジャパン南部鉄器展
新橋汐留のパナソニック汐留ミュージアム。施設、展覧会、企画展などの情報、記録と個人的な感想「メイドインジャパン南部鉄器展」
フランス印象派の陶磁器
新橋汐留のパナソニック汐留ミュージアム。フランス印象派の陶磁器。交通アクセス、開館時間、休館日などに関する情報と個人的な感想
ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰
新橋汐留のパナソニック汐留ミュージアムのジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と管理人の個人的な感想
日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン― (パナソニック 汐留ミュージアム)
「フランス建築家が驚く」というフレーズに興味を持ちました。フランスの建築家といえば、先頃世界遺産に登録されて話題となった
斬新な中にも普通があり、普通の中にも斬新さがある 「深澤直人がデザインする生活の周囲展」 パナソニック汐留ミュージアム(東京都港区)
深澤直人のデザインは、見た目と実用性をうまく両立させていて、斬新な中にも普通があり、普通の中にも斬新さがあるといった感じです。斬新ながらも奇抜過ぎない点に好感が持て
わけがわからない、でも見ていて面白い 「カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」パナソニック汐留ミュージアム(東京都港区)
実質的にはルオーの作品を中心とした展示でした。私はカンディンスキーの作品を見たいと思っていたので、この点は期待外れだったといえます。しかしながらパナソニック汐留ミュージアムはルオーの
作風の変化が面白い 「ヘレンド展」パナソニック汐留ミュージアム(東京都港区)
ヘレンド磁器製作所で作られた製品が一堂に集まった展覧会です。フランスのセーヴルに匹敵するような、格式を感じさせる磁器がたくさん揃っていました。ヘレンドの特徴であり
パナソニック汐留ミュージアムのスタンプカード
連続して4つの異なる展覧会のオリジナルスタンプを集めると、「汐留ミュージアムコンプリート賞」としてノベルティグッズをもらえることになって
近代絵画の巨匠の作品を割安な料金で楽しめた 「日本の四季 近代絵画の巨匠たち」 パナソニック汐留ミュージアム(東京都港区)
創業100周年を記念した展覧会で、同社が収蔵するコレクションの中から指揮を表した日本の近代絵画を展示していました。展示作品の作者はさまざまで、日本画もあれば西洋画もあり、それぞれの作者の個性がよく表れて
見ていて楽しいメタモルフォーシス「ジョルジュ・ブラック展」パナソニック汐留ミュージアム(東京都港区)
ジョルジュ・ブラックが最晩年に取り組んだ「メタモルフォーシス」シリーズを紹介するものです。「絵画から立体への変容―メタモルフォーシス」
作家自身を概観できるような展覧会 「没後50年河井寛次郎展」 パナソニック汐留ミュージアム(東京都港区)
陶芸品については、中国陶磁の影響を大きく受けた初期の作風と、柳宗悦と出会って民芸運動に携わるようになってからの作風との違いがはっきり感じられ