世田谷美術館

金山 康喜(かなやま やすき、1926年4月26日-1959年6月16日)は、日本の洋画家である。 略歴編集 1926年大阪市生まれ。 1939年大阪府立今宮中学校(旧制)で学ぶ。1943年両親の出身地の富山県へ転居。官立富山高等学校 (旧制)で学ぶ。 1945年東京帝国大学、同大学院で数理経済学を学ぶ一方、猪熊弦一郎主催の田園調布純粋美術研究室で本格的に絵画を学び、新制作派協会展に出品。 1951年に渡仏。1952年ソルボンヌ大学入学、同年サロン・ドートンヌ展に初入選し、パリで画家として活動。1953年には油彩画1点がフランス政府に買い上げられる。1958年に一時帰国、1959年逝去。)33歳で死去した若き画家の作品は色調が魅力と言われているが、俗に表現すれば「格好いい」パリで技法を磨いた静物の70点をこの目で見たいのはウッディ・アレンの映画「ミッドナイト・イン・パリ」に描かれているパリのサロンで活躍した芸術家達の世界に交わることの憧れを抱く心情を描いていたが、金山の画調にはモダンの表出が若き芸術家の心情として我々をとらえる。画に対峙したときに金山の創作現場に引き込まれるのでは、そんな期待の企画展である。
By ポール松60代男性 掲載:2015/8


モダンの表出が 金山 康喜展 世田谷美術館関連ページ

初めての世田谷美術館
緑豊かな砧公園の中に位置する美術館。館内に入れば静かな時が流れている。今回は学校の宿題の一環として
「花森安治の仕事ーデザインする手、編集長の眼ー」 (世田谷美術館)
まだ行けていないのが世田谷美術館です。2017年2月11日〜4月9日の会期で『暮しの手帖』の編集長であった花森安治さんの750にも及ぶ資料を
花森安治展を観て感じた事、これから生活に活かせたらと思う事 (世田谷美術館)
花森安治さんは、戦前から第1戦で戦ってきた方でしたが、戦後、大いにその事を反省し、これからは民衆の為に戦っていこうと決意した人なのでした。昭和の高度経済成長期には、
1980年代の都心の写真が面白い 「ぜんぶ1986年 世田谷美術館の開館とともに」
「花森安治の仕事」を1階で見たついでに、面白そうなので2階の展示も見てみました。2階の展示はタイトルの通り、世田谷美術館が開館した1986年に制作された作品を中心として
多彩で多才な仕事ぶり 「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の目」(世田谷美術館)
第Y章から順路がスタートするのもさることながら、花森安治にちなんだものを、「あ」で始まるもの、「い」で始まるもの、というように五十音順に1点ずつ展示・紹介していたところがユニークだと思い
エリック・カール展 The Art of Eric Carle (世田谷美術館)
アメリカの絵本作家であるエリック・カールの展覧会です。彼の作品は、カラフルであたたかな色調で描く特徴的なタッチの絵はもちろん、さまざまな仕掛けのある楽しく
パリの女性の歴史を見た 「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」世田谷美術館(東京都世田谷区)
パリジェンヌにちなんだ絵画やドレスなどを時系列に並べ、「パリの女性史」といった内容の展示でした。解説も充実していて、時代背景を踏まえながら作品を鑑賞するのに役立ちました。「時代を映す女性たち