東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館 ・展覧会・イベント

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

 

旧 損保ジャパン東郷青児美術館、2014年9月1日より名称変更

 

 

住所・所在地

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目26-1
損保ジャパン本社ビル

電話番号

03-5777-8600

開館時間

10:00〜18:00

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)
展示替え期間
年末年始

料金

展覧会によって異なります

駐車場

 

交通アクセス

電車・バス

JR新宿駅西口、丸ノ内線新宿駅
西新宿駅、大江戸線新宿西口駅
徒歩5分

興味マーク

 

URL

http://www.sompo-japan.co.jp/museum/index.html

 

 

保険会社の損保ジャパンだが、今は統合して、日本興亜損保ジャパンだ。
美術館の名前は、そのままのようだな。(2014/4)


東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館記事一覧

スウェーデンの画家、カール・ラーションの絵画と、ラーション夫妻がデザインした家具や、カールの妻・カーリンのテキスタイルなどを展示した展覧会です。展示品全体から、ラーション夫妻の暮らしぶりや考え方が見えてくるようでした。それにしても、「リッラ・ヒュットネース」と呼ばれる家を、生涯にわたって増改築して好みに合うように仕立てていたのは、とにかくすごいとしか言いようがありません。並大抵の意思や努力では実現...

全体的に色味を抑えた作品ばかりで、中には銅版画と見紛うものもありました。でも作品を近くで見ると、版画とは違った味わいがあります。鉛筆や木炭、あるいはインクで描いた作品とも、もちろん異なります。私は作品を見ていて「油彩でよくここまで表現できるものだなあ」とただ感心するばかりでした。カリエールの作品には、近代の油彩画の作品にはない個性が感じられます。作品は家族や著名人などの肖像画が中心で、奇をてらわず...

同じ風景を描いても、ヨーロッパの画家の作品に比べて安野光雅の作品は明るく柔らかい感じがします。この「明るく柔らかい感じ」が作者自身の目を通して見た風景そのものなのでしょう。多くの人々を魅了してやまないのも、わかるような気がします。「安野ワールド」ともいえるような世界をたっぷり堪能させていただきました。実際、この展覧会は多くの入場者でにぎわいました。シニア層がやや多かったものの入場者の年齢層は幅広く...

「印象派のふるさと ノルマンディー展」を見に行きました。主に19世紀に描かれた、フランス北西部のノルマンディー地方の風景画が展示されていて、日本では見られない風景をたっぷり味わうことができました。作品はおおよそ古い順に展示されていて、時間がたつにつれてノルマンディー地方がリゾート地として発展していく様子がわかります。最後に2000年以後に撮影されたノルマンディー地方の風景写真がありましたが、モノク...

クインテット-五つ星の作家たち会期:2014/1/11-2014/2/16休館日:月曜だが、1/13は開館する。

この展覧会の見どころは、何といっても母子の作風の違いだと思います。素人目にパッと見ても、どちらの作品なのかがはっきりわかるのです。端的にいえば、母ヴァラドンの作品の特徴は輪郭がはっきりしている、どちらかといえば直線的、対象物をシンプルに表現している、濃い色や暗い色を基調としていることが多い…という風に表せます。一方息子ユトリロの作品の特徴は、淡い色や明るい色を巧みに使って柔らかい感じを出している、...

印象派の影響を受け継いだ、穏やかで柔らかい画風の絵がたくさん展示されていて、見ていて気持ちが穏やかになれました。他方でこうした絵画が発表されたのと同じころ、20世紀初頭に前衛的なフォヴィズムやキュービズムが台頭してきましたが、こうした絵は斬新で面白い反面、見ていて疲れることもあります。前衛的な絵にはない穏やかさ、柔らかさ、親しみやすさといった点が、展示作品の魅力だと思います。20世紀初頭のフランス...

新進作家の動向を反映する公募コンクール です。常設展が好きで何気なくのぞいてみたのですが、内容が非常に興味深かったです。様々な用法の作品がありましたが、グランプリのアクリルの抽象画は力がありましたし、ボールペンの作品も緻密で感心しました。アートというものを身近にも感じられる展覧会だとおもいます。是非子供達にも楽しんでほしいと個人的にはおもいました。またこの美術館はゴッホのひまわりを常設しています。...

明治から昭和にかけて活躍した画家・吉田博の生誕140年を記念した回顧展です。作品は時系列に展示されていて、前半は水彩画を中心とした展示でした。中盤から油彩画が多くなり、後半は油彩画と版画が中心の展示となっています。作品を時系列に見ていくと、水彩画と油彩画の両方で培ったものを、版画に昇華させたような印象を受けました。もっと詳しくいうと、水彩画の細やかさと、油彩画のダイナミックさが、従来の日本版画にな...

風景画を中心に、ターナーの作品を一堂に集めた展覧会です。ターナーは風景画を多く描いた、ということは漠然と知っていましたが、作品に使われた画材や技法までは特に意識していませんでした。この展覧会を通じて、さまざまな画材とさまざまな技法を駆使してさまざまな風景を描いた画家、というようにターナーについて認識を深めることができました。この展覧会のユニークなところは、展示の順番です。一人の作家に焦点を当てた展...

子供の頃、クレパスは苦手な画材でした。ベタベタしていてクレヨンとの違いがわからず、細かいところが描きにくくて、扱いにくいイメージがあったのです。でもこの展覧会は、そうしたイメージを良い方向に変えてくれました。すぐれた作品がたくさん展示してあり、クレパスの特徴をわかりやすく説明していたからだと思います。クレパスはクレヨンとパステルの良さを兼ね備えた画材で、画面に定着しやすく、色を混ぜたり塗り重ねたり...