すみだ北斎美術館

祖母は明治生まれで既に他界していますがすみだ北斎美術館辺りで生まれ育ったと聞いています。その祖母が言うには先祖は新門辰五郎だと言うのです。今回、北斎が描いた隅田川両岸景色図巻が展示されると言うので先祖が守っていた江戸の町の風景が見れると思い出掛けました。7メートルに及ぶ作品は見ごたえがあり思わず見入ってしまいました。両国橋から山谷掘までの隅田川の縮尺はほぼ完璧で回向院や浅草寺等知っている建物を見つけては興奮しました。船の渡し場が多く江戸の町は水の都だったようです。老母が深川に嫁に来た頃は水路が発達していて船で移動していたと話してくれました。北斎の描いた江戸の町は繊細で活気があり人はイキイキしており人気のある歌舞伎の芝居小屋の前に人がひしめいている様子はまるで人気アイドルのコンサートの様で今も昔も変わらないだと温かい気持ちになりました。時を超え人々を感動させる作品の数々、北斎凄いです。
bontenO (50代女性) Jan 2017


すみだ北斎美術館の開館記念展の「北斎の帰還」を見てきました。 (すみだ北斎美術館)関連ページ

北斎の帰還ー幻の絵巻と名品コレクションー (すみだ北斎美術館)
葛飾北斎はすみだに生まれ、生涯のほとんどをこの地で過ごしたということですから、北斎の画業の魅力を世界に発信していく最適の美術館になっていくと
浮世絵人気の火付けに。町おこしまで?
すみだ北斎美術館が開館以来、高い人気を保っている。浮世絵で町おこし・・・なんて話も出ているようだ。
江戸情緒味わいたいなら すみだ北斎美術館とその周辺の楽しみ方 (すみだ北斎美術館 東京都墨田区)
両国駅付近がオススメスポットです。両国国技館に東京江戸博物館、少し歩けば吉良上野介屋敷邸跡地があります。最近出来た建物で話題なのが、すみだ北斎美術館です。ココは