すみだ北斎美術館

江戸時代が好きな方なら、両国駅付近がオススメスポットです。両国国技館に東京江戸博物館、少し歩けば吉良上野介屋敷邸跡地があります。最近出来た建物で話題なのが、すみだ北斎美術館です。ココは常設展400円という値段でも、楽しめる所です。葛飾北斎の作品にスイッチを入れると描かれた場所が光る展示物や、晩年の北斎が暮らした長屋の中が再現されているスペースがあります。北斎の部屋が、如何に汚かったかが伺えます。人気なのはモニターで絵が描けるコーナーです。眉毛な口、目などのパーツを選んでオリジナルの浮世絵が出来ます。常設展の階までエレベーターでしか行けない事、建物自体は大きくないので混雑しやすい方かと。平日の午前中がゆっくり観れると思います。ゆっくり鑑賞した後は両国駅隣に相撲の盛り土がある建物へ。ココはチャンコやそばなどのお食事処が沢山ありますが、もし日本酒が飲める方なら試飲ができる自販機があるのでそこへ。冷や熱燗の他にオツマミも300円で売っています。ほろ酔い気分で江戸情緒を味わうのも良いのではないでしょうか。
mitarashianko (30代女性)


-------------------------------------------

江戸情緒味わいたいなら すみだ北斎美術館とその周辺の楽しみ方 (すみだ北斎美術館 東京都墨田区)関連ページ

北斎の帰還ー幻の絵巻と名品コレクションー (すみだ北斎美術館)
葛飾北斎はすみだに生まれ、生涯のほとんどをこの地で過ごしたということですから、北斎の画業の魅力を世界に発信していく最適の美術館になっていくと
すみだ北斎美術館の開館記念展の「北斎の帰還」を見てきました。 (すみだ北斎美術館)
北斎が描いた隅田川両岸景色図巻が展示されると言うので先祖が守っていた江戸の町の風景が見れると思い出掛けました。7メートルに及ぶ作品は見ごたえがあり思わず見入ってしまいました。両国橋から山谷掘までの
浮世絵人気の火付けに。町おこしまで?
すみだ北斎美術館が開館以来、高い人気を保っている。浮世絵で町おこし・・・なんて話も出ているようだ。