竹久夢二美術館・夢二の子供絵とすごろく展

夢二の子供絵とすごろく展

東京根津の竹久夢二美術館。施設や展覧会、企画展などに情報、記録と個人的な感想

 

夢二の子供絵とすごろく展-大正〜昭和初期の小さなワンダーランド
会期:2014/1/3-2014/3/30

 

休館日:原則月曜日がが、1/13は開館で1/14が休み

-


夢二の子供絵とすごろく展関連ページ

小林かいち展
東京の竹久夢二美術館の展覧会、乙女デコ&京都モダンのデザイナー小林かいち展-大正昭和初期に花開いた絵葉書・絵封筒の美-
竹久夢二美術館に行きたい(弥生美術館・竹久夢二美術館)
夢二の絵は常に展示されていて、他の昔の作家の作品も時期ごとに展示されていて、同時に楽しめるのがすごく魅力的でいつか行きたいと思っています
展示作品から、プロフェッショナルとしての意気を感じる 「竹久夢二 心に残る風景を探して ―自然、旅、東京の景色を描く―」 竹久夢二美術館(東京都文京区)
背景や細部を適度に簡略化・デフォルメした点に特徴があり、挿絵や表紙絵を描くことを生業としていた作者らしいと思います。特に印象に残ったのは水墨画の技法による風景画で、漢画とは違った趣が
何となくほっとする展覧会「明治時代に登場!麗しき絵葉書の世界」
日露戦争(1904−05年)の頃に大流行した絵葉書を一堂に集めた企画展 何となくほっとする展覧会「明治時代に登場!麗しき絵葉書の世界」