竹久夢二美術館・展覧会・イベント

竹久夢二の絵が好きで、横浜で開催されていた夢二展には行ったことがあるのですが、ここにはまだ行ったことがありません。夢二の絵は常に展示されていて、他の昔の作家の作品も時期ごとに展示されていて、同時に楽しめるのがすごく魅力的でいつか行きたいと思っています。2016年3月31日(木)〜6月26日(日)には、谷崎潤一郎の小説の中に出てくる女の人の着物の展示があるそうです。谷崎潤一郎はあまり読んだことがないのですが、古い着物が好きなのですごく惹かれます。本を読んでから観た方が、本の中のあの人はこんな服を着ていたのか、など想像することができるので、本を探して読んでみようかなと思っています。この期間中でなくとも、色々な人の展示が開催されているので、明治〜昭和の絵など好きな方はいつ行っても楽しめそうです。
By 友 (20代女性) 掲載2016/4


-------------------------------------------

竹久夢二美術館に行きたい(弥生美術館・竹久夢二美術館)関連ページ

小林かいち展
東京の竹久夢二美術館の展覧会、乙女デコ&京都モダンのデザイナー小林かいち展-大正昭和初期に花開いた絵葉書・絵封筒の美-
夢二の子供絵とすごろく展
東京根津の竹久夢二美術館。施設や展覧会、企画展などに情報、記録と個人的な感想「夢二の子供絵とすごろく展」