ちひろ美術館

いわさきちひろの生前暮らした家が、ちひろ美術館・東京となっています。子供が生まれてから、小さい子をモチーフにしたいわさきちひろの作品に興味を持つようになりました。今回は珍しい「自画像展」ということで、一人で見学に訪れました。可愛らしい絵が有名ですが、自画像には鉛筆で描かれた荒々しい作品も。ちひろの葛藤や悩みが表に出ているような静かな迫力のある作品です。淡い水彩の子供の絵のイメージが強かったのですが、あれはあくまでちひろの一面。悩んだり苦しんだり、一人の人間としていろいろと葛藤があったのだと感じました。なかなかまとめて見る機会がないちひろの自画像が見られた、貴重な展覧会でした。訪れたのは平日の午前中だったのですが、この小さな美術館に来る人が後を絶たず。数人のグループで来ている女性が多く、改めて女性の人気が高い画家であると感じました。
Written by たんぽぽ ( 40代女性 ) 掲載:2016/8


絵のなかのわたし ちひろの自画像展 (ちひろ美術館・東京)関連ページ

ちひろの水彩技法ワークショップ「朝顔を描こう」
東京のちひろ美術館のちひろの水彩技法ワークショップ「朝顔を描こう」、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想