東京都立中央図書館・展覧会・イベント

東京都立中央図書館を利用した際に江戸城の儀式に関する展示を行っているというので足を運んでみました。図書館の展示なのでちょっとしたブースに古い本が何冊か置いてあるだけなんだろうなと思っていましたが、江戸城の見取り図や和本や古文書、さらに江戸城の儀式を描いた絵図とその解説パネル、しかも音声ガイドも無料で貸し出しているという下手な博物館を圧倒するほどの充実ぶりでした。将軍にまつわる儀式は将軍家の権威を武士に示すものだというイメージがありましたが、武士達が将軍に武道や謡曲を披露する晴れの場であり、お祭りの時には江戸城内まで山車を入れて将軍が山車を楽しむなど、意外と双方にメリットがあったのだなと思いました。また、江戸城に関する展示であることを生かし、忠臣蔵に関するパネルとビデオ、そして松の廊下の襖のレプリカも展示してありました。こちらは中高年に人気のようでした。盛りだくさんの展示会なので、ぜひ足を運んで欲しいです。
上野介 (20代男性) NOV 2016


いざ 江戸城へ!−白書院・黒書院にみる儀式と年中行事 (東京都立中央図書館関連ページ

図書館資料が語るテレビ60年
東京都立中央図書館の図書館資料が語るテレビ60年
東京都の軌跡-都制施行70周年
東京都立中央図書館の展覧会、東京都の軌跡-都制施行70周年
最後の江戸城-建築図面から見る幕末の姿
東京都立中央図書館の展覧会、最後の江戸城-建築図面から見る幕末の姿
和本の歴史-絵巻物を中心とした和本の世界-
広尾にある東京都立中央図書館の展覧会、企画展などの情報と感想「和本の歴史-絵巻物を中心とした和本の世界-」