東京都現代美術館・展覧会・イベント

現在、東京都現代美術館ではスタジオ設立30周年を記念したピクサー展が開催されており、ぜひ見に行きたいと思っています。もともとピクサーアニメが大好きで、トイストーリーをはじめとしてニモやモンスターズインクなどピクサーの映画はすべて見ていてDVDもいくつも持っています。大人でも子供のように心の底から楽しむことができるのがピクサーアニメの魅力だと思います。ピクサー展では、おなじみのキャラクターたちを多彩なアーティストたちが色々な技法を使って表現しており、キャラクターのいつもとは少し違った雰囲気を楽しめるのがひとつの見どころになっています。またピクサー展でしか手に入ら限定グッズもあるようなので、見に行った際にはぜひ購入したいと思って楽しみにしています。
Written by にじママ ( 30代女性 ) 掲載:2016/8


スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 (東京都現代美術館)関連ページ

館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技(東京現代美術館)
特撮の歴史や手法のすごさに舌を巻き、「職人の技術とは正にこのことだ!」と感じ入ってしまい
ピクサースタジオ設立30周年記念 ピクサー展(東京都現代美術館)
チケットを買うのに15分、入場するのに1時間弱並びました。これから行く人は前売り券を買っていったほうがいいかも
居ても立っても居られなく ピクサー展(東京都現代美術館)
前売り券は『トイストーリー』のバスライトイヤーこと「バズ」と主人公「ウデッィ」がラジコンにのっているシーンを描いたもの、
斬新さと面白さ 借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展(東京現代美術館)
印象に残っているのは、アリエッティーの目線から見える「人間の椅子」や「雨戸」「草花」の大きさです。また移動すると音声ガイドが自動で
山口小夜子 未来を着る人 東京都現代美術館
1つめは、山口小夜子のファンだからです。彼女には、現代のモデルにはない独特の存在感・ミステリアスな雰囲気があると思います。5年くらい前に彼女を知って以来ずっとファンだったので 東京都現代美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想と経験
ガブリエル・オロスコ展−内なる複数のサイクル 東京都現代美術館
今回のガブリエル・オロスコ展は、実際に触って遊べるものがあるそうです。大人でも楽しめ、子供も楽しめそうな展示物には、心惹かれる 東京都現代美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想と経験
ワンダフルワールド
子供が楽しめる美術展ワンダフルワールドが行われていたので出かけてきました。動物たちや鳥のオブジェは大人が見てももちろん 東京都現代美術館の展覧会、ワンダフルワールド。イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想と経験
うさぎスマッシュ展
東京都現代美術館のうさぎスマッシュ展
吉岡徳仁-クリタライズ自然から生み出される
東京都現代美術館の展覧会、吉岡徳仁-クリタライズ自然から生み出される
「驚くべきリアル」展
東京都現代美術館の「驚くべきリアル」展。交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と管理人の個人的な感想
ミッション[宇宙×芸術] −コスモロジーを超えて
東京都現代美術館のミッション[宇宙×芸術] −コスモロジーを超えて、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想と経験
オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男 東京都現代美術館
ブラジルの首都を創造的な都市へと変貌させたのが、オスカー・ニーマイヤーです。彼が作られた建築物の模型を、白を基調としたモダニズム空間に展示するというコンセプトの下で開催され
きかんしゃトーマスとなかまたち展 (東京都現代美術館)
トーマス展が、東京都現代美術館で開かれていると聞きつけ行ってきました。まず入り口でお出迎えしてくれたのは、ゴールドのトップハムハット卿像!子供達はこの時点で興奮で
ピクサー展 (東京都現代美術館)
おなじみのピクサー。そのピクサーが展示会としてピクサー展を開きました。主な展示は、ドローイングやデジタルペインティング、彫刻などに、映画に携わった方のインタビュー映像
東京都現代美術館 スタジオ設立30周年記念 ピクサー展 (東京都現代美術館)
ピクサー展に行きました。土曜日だったためかチケットの購入から入場までに1時間以上はかかってしまいましたので、お子さま連れの方はゲーム機など時間を潰せる物を準備して行かれる事を
オバケとパンツとお星さま展 (東京都現代美術館)
カラフルでおかしな“かかし”たちが道案内。 導かれてやってきた東京と現代美術館、オバケとパンツとお星さま展! さわったり、はしゃいでもよい
ピクサー展 (東京都現代美術館)
雨の日に行きました。日曜の夕方だったため人数は少ないと予想していましたが、かなりのにぎわいでした。1つの展示物の前には1〜2列ほどの人だかりができておりましたが、待っていれば先頭でも