富山市ガラス美術館

先日、富山市を訪問した折、2015年にオープンしたという「富山市ガラス美術館」に行って来ました。現代のガラス工芸とはどのようなものか興味があったからです。 ガラス、石、アルミを使った建物外観も特徴がありますが、内装も県特産の木を多用した斬新なもので、それらだけでも一見の価値がありました。公営なので入場料も安価です。日本人の現代作家の作品群は大きさも技法も印象も様々で、ガラス芸術の多様性と可能性に感心させられます。最上階はアメリカの作家のフロアで、日本の作家とはまた違う色と形の美しさ、迫力に圧倒されます。この階だけは写真撮影が可能で、素敵な写真が撮れること請け合いです。併設のショップで洒落たガラス製品はもちろん、富山土産を買うこともできます。オープンから間もないのでまだ空いているスペースもありましたが、みなさんにお勧めしたい美術館です。
MinminK (50代女性) 2017/4 掲載


現代作家の作品が並ぶおすすめガラス美術館 (富山市ガラス美術館)関連ページ

開館記念展 富山市ガラス美術館
富山はもともとガラス作品の制作が盛んで、地域を挙げて展開しているので、この美術館にも優れた作品が集められているだろうと期待しています。 富山県富山市ガラス美術館の、展覧会イベント、交通アクセス、駐車場、料金、時間など施設の情報と個人的な体験、経験、口コミ・評判を掲載