太地町立くじらの博物館 展覧会 イベント

地球上で人間と同じ哺乳類の仲間である、くじらの生態を多角的に観察出来る、日本唯一の博物館。 通常は大海原を回遊している為、遭遇出来ないが、同館では目の前で、雄大な姿を観察出来る。更には実際にくじらに触れて、肌感覚で知る事が出来る。最大の見所はバンドウイルカのアルビノ種のスピカと一緒に泳げる!この体験は世界中探しても他には無い。スピカ野生出身の為、人間が最初から飼育した個体と比べればヤンチャだが、それが又リアリティが有る。更には非常にデルケートなスジイルカは世界中で唯一同館のみで飼育している。過去にはこれも世界で唯一の先祖帰りした腹びれの有るくじら『はるか』を飼育して、研究者に衝撃与えたが2013年4月4日にスタッフに見守られながら他界した。
By yamasakuyama50代男性 掲載2016/2


海に生息する自分達と同じ哺乳類のくじらの生態を博物館にて体験 (太地町立くじらの博物館)関連ページ

太地町立くじらの博物館での体験 感想 としくん 40代 男性
和歌山県太地町立くじらの博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談