山口県立美術館

山口県立美術館

住所・所在地

山口県山口市亀山町3-1

電話番号

083-925-7788

開館時間

午前9時〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(祝日・休日の場合は開館)
・ 年末年始、展示替え、館内整備等による臨時休館期間

料金

一般:300円(240円)/学生:200円(160円)
70歳以上及び18歳以下の方:無料

駐車場

駐車場は亀山公園駐車場及び美術館周辺の各駐車場。

交通アクセス

[山陽自動車道] 防府東ICから車で約25分

[中国自動車道(広島方面から)] 山口ICから車で約15分
[中国自動車道(九州方面から)] 小郡ICから車で約25分

電車・バス

JR新山口駅から山口線に乗り換え山口駅下車、徒歩約15分 

 

[JR新山口駅から]
防長バス山口方面行きで約30分(美術館前、市役所前もしくは県庁前下車) 

 

[JR新山口駅から]
防長バス山口方面行きで約30分(美術館前、市役所前もしくは県庁前下車) 
JRバス山口方面行きで約40分(県庁前下車)

 

[JR防府駅から]
JR バス山口方面行き(米屋町もしくは美術館前下車)で約35分

 

 

URL

http://www.yma-web.jp/


山口県立美術館記事一覧

2014年の夏ごろ、仕事場の近くでやっていたのと、「裸の大将」の影響で山下清の名前は知っているものの実際に絵を見たことがなかったので休日に1人でふらっと観に行きました。 平日だったからか、人はそこそこいるものの観覧の際に障りがあるほどではありませんでした。 色紙によるちぎり絵なので基本的に素朴な雰囲気の絵が多かったですが、山下清氏の代表作でポスターにもなっていた花火のちぎり絵は本当に迫力が違いまし...

オフィーリアの絵で有名なジョン・エヴァレット・ミレイらを中心とした、「ラファエル前派」と呼ばれる18世紀ヴィクトリア朝時代の英国絵画。彼らの絵は、題材もシェークスピアだけでなく、ギリシャ神話、寓話、聖書のワンシーンを、唯美主義とも言えるほど、とにかく美しくファンタジックでロマンチックに物語性を込めて、ドラマチックに描いています。どの絵も美しい女性や天使、神話の登場人物たちや、細かく描き込まれた舞台...