萩の博物館

2015年度の大河ドラマをみて長州藩から出世した偉人たちの暮らした場所に行ってみたい!という気持ちから萩に興味を持ち、萩市内へ観光に行きました。萩市内へ着いてまず行ったのが博物館でした。まだ出来たばかりの様子で館内はとても新しく感じました。展示物は主に吉田松陰をはじめとして、家系のそれぞれの人物紹介や実際にやりとりした手紙、当時の生活を思わせる道具などでした。館内へ入る前に敷地内に江戸末期から昭和にかけての庶民の生活道具などが外に作られた建物の中に展示してあり、再建された櫓が無料で観覧できます。館内に入るときにまず驚いたのは靴を脱いで館内専用のスリッパに履き替えることでした。そのおかげで旅で疲れた足は窮屈な靴から解放されて、館内の展示物をゆっくり観覧することが出来ました。
By i_crowder20代女性
2015/5掲載