昇仙峡 影絵の森美術館

ケロヨンや暮らしの手帳の表紙など子供の頃から私の心に印象深く残っている藤城清治さんの影絵の世界。昇仙峡に遊びにいった時に生の影絵に接してみたいと思い立ち寄りました。展示室に一歩足を踏み入れた途端、驚きのあまり思わず息が止まりそうになってしまいました。TVや書籍では、絶対味わうことのできない、影絵ならではの幻想的な世界。光と影のファンタジーがそこにあったのです。天才的な才能の中から生まれた素晴らしい影絵なのですが、藤城さんが心底楽しんで作られた気持ちが心に伝わってきました。子供たちはもちろんのこと、大人の方にも一度はこの感動を味わって頂きたいおすすめの美術館です。そうそう、昇仙峡付近一帯がそうなのですが、何となく昭和レトロな雰囲気がして面白かったです。
ホシコ (50代女性) NOV 2016


-------------------------------------------

藤城清治さんの影絵の世界 (昇仙峡 影絵の森美術館)関連ページ

光と色のアート 藤城清治の世界 (昇仙峡 影絵の森美術館)
藤城清治さんの影絵の世界。昇仙峡に遊びにいった時に生の影絵に接してみたいと思い立ち寄りました。展示室に