生誕200年ミレー展 愛しき者たちへのまなざし

生誕200年ミレー展 愛しき者たちへのまなざし

当時の知事が「これは絶対に必要!」と議会を説得、昭和52年にミレーの「種まく人」の購入が決定して以来、ミレーのコレクションで有名な同館。他の美術館からの貸し出しも受けて今回は豪華な展覧会となりました。ミレーが好きな方には素晴らしいチャンスです。
今回のような特別展でなくても、ミレーの作品を常設展示している「ミレー館」があります。季節によって入れ替えするする贅沢さです。作品があちこちに貸し出されていることも多く、お目当ての作品があるのなら行く前に確認なさったほうがいいと思います。

 

エラノール 40代 女性


生誕200年ミレー展 愛しき者たちへのまなざし関連ページ

コレクション企画展 没後100年野口小蘋展 (山梨県立美術館)
彼女の作品を山梨県立美術館で収集してきて、それに寄託作品も合わせた展示会でした。女性らしい繊細な筆使いと色彩に、
ルーベンス、レンブランド、ベラスケスらバロックの巨匠たち展 (山梨県立美術館)
宗教や神話に添った絵画が多く、暗く写実的な雰囲気を感じられる中、光りの存在がすっと絵に引き込まれる感覚になります。神の存在を信じるかの光りの