平山郁夫シルクロード美術館

平山郁夫シルクロード紀行 ガンダーラ、アフガニスタン、そして文化財保護活動

日本の美の源流を求めてシルクロードを旅した平山画伯。今回の展覧会にはその旅行から生まれた作品がたくさん出品されています。日本画のはずなのにエキゾチック。不思議な雰囲気です。シルクロードの乾いた空気、そこに暮らす人たちの暮らし。自分がもし絵に入り込めたら、なんて想像が楽しめそうです。
もう一つ重要なのはシルクロードから流出してしまった文化財が紹介されていることです。本来あるべき場所に帰れないのはなぜなのか、画伯がこれらの品々にどんな思いを持っていたのか、一人の地球人として考えさせられる機会でもあります。

 

エラノール 40代 女性


平山郁夫シルクロード紀行 ガンダーラ、アフガニスタン、そして文化財保護活動関連ページ

平山郁夫美術館の平山郁夫が描くシルクロード日本の街道展 (平山郁夫美術館)
シルクロードの絵ということでの描写も見事ではあるのですが、色彩が本当に素敵です。特に青の色は実際に目にすると